自己処理や脱毛サロンそれぞれのメリットとデメリット

「このムダ毛どうにかならないかしら」と嘆いている女性も多いことでしょう。
ムダ毛は女性の天敵であり、何度処理しても生えてくる厄介なものです。
露出が多い季節だけに限らず、寒い季節も彼氏や友達と旅行に行って温泉に入ったりするので、一年中ムダ毛処理するのはとても面倒くさいですよね。
いっその事全身脱毛してめんどうなお手入れにおさらばしたいけれど、脱毛について分からないことだらけ。

そんな方のために、脱毛に関する知識やお得な情報をお届けします。

自己処理と脱毛サロンはどう選ぶ?料金と脱毛効果で考える

まずはじめに自分でムダ毛処理をする場合にはシェーバーや除毛クリーム、カミソリを使って処理するか、最近では家庭用の脱毛器を使って処理していると思います。
そして、エステサロンや医療クリニックなどで脱毛(レーザーやフラッシュなど)するといった選択肢があります。

それぞれ紹介する前に「自分で処理をする(自己処理)」か「プロによる施術(サロンなど)」か、どちらを選べば良いのか考えてみましょう。

まず自己処理ですが、自分でケアするので費用を安く済ませることができ、尚且つ自分のペースで処理できるというメリットがあります。
基本的にはシェーバーやカミソリ、除毛クリームなどを用いて処理をすることが多いですが、人によっては家庭用脱毛器を購入して処理していることもあります。

一方プロによる施術はコストが掛かるものの、高い効果とキレイな仕上がりが期待できます。
施術は脱毛サロンで受けることができ、充実したスキンケアはもちろん、ダイエット効果が期待できるマッサージをサービスとして提供している店舗もあります。

自己処理かプロに脱毛を任せるのか、どちらがいいのか選ぶポイントは「料金」と「脱毛効果」です。
自分でムダ毛処理をすることは当然安く済ませられる反面、キレイな仕上がりを望むのが難しいです。
特に家庭用脱毛期を用いた処理は技術もさることながら、使用する機器にもそれなりの性能が求められるため、場合によっては処理残しが目立つことがあります。

その点、脱毛サロンではプロ仕様の機器に専門知識を持ったスタッフが施術するため、驚くほどキレイに仕上がります。
また全身のムダ毛処理をする場合、自己処理では時間がかかりますし、処理できないところもあります。

自己処理か、プロによる施術か、基本的にはどちらを選んでも良いですが、脱毛に関しては後者をオススメします。

シェーバー・カミソリによる処理

最も簡単でスタンダードな処理方法です。自己処理の定番で、上述にもありますがローコストかつ自分のペースで処理できるのが魅力です。ただし、あくまで表面のムダ毛を剃っているだけなので、ムダ毛自体を完全に処理することができません。その上定期的な処理が必要となるため、人によっては面倒だと感じることがあるでしょう。

また、シェーバーを用いた処理には肌トラブルを引き起こしやすいというリスクもあります。代表的なのが「毛穴の黒ずみ」、「埋没毛」、「赤いブツブツ」などであり、普段から自己処理をしている方なら一度は経験したことがあることでしょう。これらの肌トラブルが嫌という理由でサロンに通っている人も多いくらいです。

すでに毛穴の黒ずみが気になるという方はピーリングや美白効果のあるクリームでケアをしましょう。埋没毛に悩まされている方はスクラプなどでマッサージを行うと毛が抜けやすくなります。炎症が起きている場合は速やかに消毒を行ってください。

また、処理時はガード付きのシェーバーを必ず使うようにしましょう。使用前は「シェービングクリーム」保護し、できるだけ刃を当てる回数を少なくするよう心がけましょう。ちなみに、クリームの代わりに石鹸やボディソープを使うのはNGです。処理はしっかりと保湿することを心がけてください。

除毛クリームによる処理

除毛クリームには洗い流すタイプや拭き取るタイプ、そのまま馴染ませるタイプなど、様々な種類があります。表面に見えるムダ毛を溶かして処理できるほか、「次に生えてくる毛が目立ちにくくなる」というメリットもあります。

ただし注意しなければならないのがお肌との相性です。刺激の強いクリームは肌トラブルの原因となるため、心配な方は低刺激の物を使うと良いでしょう。そして生理前や生理中には使用を控え、事前にパッチテストを行ってください。こちらもシェーバー同様、処理後はしっかりと保湿するようにしましょう。

光・レーザー・ニードル脱毛により処理

ムダ毛を完全に処理したい方には脱毛がオススメです。脱毛にも様々な種類がありますが、定番なのが「光」、「レーザー」、そして「ニードル」です。それぞれ特徴があるので覚えておきましょう。

光脱毛はサロンで受けることができる最も痛みの少ない脱毛です。「脱毛=痛い」というイメージを持っている方も多いでしょうが、光脱毛なら殆ど痛みを感じないのでオススメです。主にエステやサロンで施術を受けることができ、リーズナブルな料金帯で利用できるのもポイントです。

レーザー脱毛は主にクリニックで受けることができ、医療用レーザーを使ってムダ毛を処理します。太い毛も難なく処理できる反面、それなりの痛みが伴うのがネックと言えます。効果は高いですが、痛みに弱い方は他の手段を取った方が良いかもしれません。

ニードル脱毛は毛穴の一本一本に針を刺して電気を流し、毛根に直接ダメージを与える処理方法です。永久脱毛がしたい方にオススメで、とても効果が高い反面、電気を流す際に強い痛みを感じることがあります。

ちなみに、「全身脱毛」がしたい方には光あるいはレーザー脱毛をオススメします。その中でもとにかく通いやすく、月々の料金も抑えたい方は光脱毛を選ぶと良いでしょう。最近は驚くほどリーズナブルな料金で全身脱毛が受けられるサロンも増えており、多くの芸能人やモデルが美を追究するために利用しているようです。

今回はムダ毛処理の種類について紹介しましたが、全体を通して見てもオススメなのが自己処理よりも全身脱毛です。
シェーバーや除毛クリームなどの処理はとても手軽ですが、結局は何度処理をしても生えてきてしまうイタチごっこのようなもの。
エステサロンや医療クリニックで脱毛するならきれいにムダ毛をなくすことができる訳ですから、日々のお手入れや肌トラブルに悩まされることもなくなります。

忘れがちな脱毛前後のケアについて

脱毛は肌にそれなりの負担が掛かるものです。どれだけ高性能な機器を使っても肌への負荷は避けることができないため、脱毛前および脱毛後には「ケア」が必要となります。ここでは脱毛前と脱毛後に欠かせないケアおよび行動について紹介し・・・

VIOとハイジニーナ脱毛の脱毛方法や痛み・料金をまとめてみた

脱毛について調べてみると必ず目にするのが「VIO」や「ハイジニーナ」といった単語です。既にサロン等に通っている方ならご存じだとは思いますが、脱毛初心者の方にとっては何のことかサッパリ分からないことでしょう。そこで今回は、・・・

VIO脱毛する時に後悔するパターン

あなたは「VIO脱毛」に興味はありませんか?VIOは女性の大切な部位であり、ムダ毛の自己処理が困難な部位でもあります。「人に見られるのは嫌だけど何とかならない?」と思っている方も多いことでしょう。 基本的にVIOの脱毛は・・・

後ろ姿も美人になろう!人気沸騰中のうなじ脱毛を紹介!

あなたはどの部位の脱毛に興味がありますか? 脱毛といえばワキや腕、そしてデリケートゾーンなどの部位が定番ですが、ここ最近注目されているのが「うなじ(襟足)」の脱毛です。 うなじは「意外と見られるから」という理由で人気が高・・・

自己処理の種類別メリット・デメリット

あなたは普段、どのような方法でムダ毛処理をしていますか? ムダ毛処理は「自己処理派」と「サロン・クリニック派」に分かれますが、多くの女性が費用を抑えるために自己処理をしていると言われています。 とはいえ、自己処理派の人で・・・

勧誘NG!脱毛サロンでしつこい勧誘にあった時の断り方

「脱毛サロンに興味があるけど勧誘がなぁ」と思っている方も多いのではないでしょうか?エステやサロンと聞いて「押しの強い勧誘」をイメージする方もいるはず。実際問題、受けたくもないのに強引な勧誘で契約させられたケースが数え切れ・・・

エステやクリニックの全身脱毛コースに「6回」が多いワケとは?

様々なサロンの全身脱毛コースを見てみると「6回」、「12回」、「18回」といった6の倍数の回数を設定していることが多いです。 もちろん回数無制限のサロンも数多くありますが、なぜ6という数字なのでしょうか? 全身脱毛は6回・・・

全身脱毛が終わるまでの期間は?何回脱毛したらいいのか

「全身脱毛は時間がかかる!」という話を聞いたことはありませんか? 事実、全身のムダ毛を完全に脱毛するまでには最低でも2年間必要です。思い立って脱毛したからといってすぐにツルツルに終わるということはありません。 そもそもな・・・

クリニックやエステサロンの脱毛方法について

「脱毛には興味あるのだけど、そもそも脱毛ってどんなことするの?」と思っている方は意外と多いもの。 とはいえ、サロンやクリニックではどういった方法でムダ毛を処理しているか分からないものです。 「単純にムダ毛を剃っているだけ・・・

自己処理or脱毛?それぞれのメリットとデメリット

「このムダ毛どうにかならないかしら」と嘆いている女性も多いことでしょう。 ムダ毛は女性の天敵であり、何度処理しても生えてくる厄介なものです。 露出が多い季節だけに限らず、寒い季節も彼氏や友達と旅行に行って温泉に入ったりす・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ